学会概要
理事長挨拶
定款・細則
倫理規範
各種委員会活動
役員名簿
委員会名簿
貸借対照表
 
入会案内
 
 
各種届出
 
 
学会誌
 
  総会案内  
 
各種講座
 
  会員へのお知らせ  
  長谷川賞  
 
学会出版書籍
 
 
SLTAプロフィール
 
  診療報酬について  
  日本学術会議からの連絡  
 
他団体からの連絡
 
  リンク集  
正会員専用
 
Top Page
 
学会概要
1. 学会設立理念・目的
  本会は失語症をはじめとする高次脳機能とその障害の研究の発展を図り、関連学会と連絡を保ち、広く知識の交流を求めることをもって目的とする。
2. 沿革
1968年 伊豆韮山温泉病院を中心に失語症を中心とする高次脳機能に関する研究会「韮山カンフアレンス」が発足。年1回学際的な研究会が行われた。
1977年11月24日 「韮山カンフアレンス」を母体にして、「日本失語症研究会」が発足。年1回の学術集会などの活動が開始された。初代会長は相澤豊三 慶應義塾大学名誉教授。
1983年より 「日本失語症学会」と名称を変更。
初代理事長は、長谷川恒雄 伊豆韮山温泉病院院長。
1998年 理事長は、加藤正弘 江戸川病院院長に交代。 事務局を江戸川病院に移設。
機関誌の発行、検査法の開発と普及、失語症全国実態調査の実施など幅広い活動を実施。
2003年1月より 会の名称を「日本高次脳機能障害学会(旧 日本失語症学会)」に変更。
幅広く高次脳機能とその障害に関する研究を行いやすい体制を整えた。
2004年1月1日より 理事長は、鹿島晴雄 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室教授に交代。
2013年1月1日より 会の名称を「日本高次脳機能障害学会」に変更。
2015年4月1日より 「一般社団法人 日本高次脳機能障害学会」として登記。
12月9日より 理事長は、三村 將 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室教授に交代。
3. 歴代代表者
 
(理事長) 長谷川 恒雄 1983年10月〜1997年12月31日
加藤 正弘 1998年1月1日〜2003年12月31日
鹿島 晴雄 2004年1月1日〜2015年12月9日
三村  將 2015年12月9日〜現在
(会 長)
(第01回) 相澤 豊三
(第02回) 相澤 豊三
(第03回) 大橋 博司
(第04回) 大橋 博司
(第05回) 植木 幸明
(第06回) 植木 幸明
(第07回) 祖父江 逸郎
(第08回) 祖父江 逸郎
(第09回) 保崎 秀夫
(第10回) 長谷川 恒雄
(第11回) 鳥居 方策
(第12回) 豊倉 康夫
(第13回) 植村 研一
(第14回) 野上 芳美
(第15回) 平山 恵造
(第16回) 田中 美郷
(第17回) 朝倉 哲彦
(第18回) 濱中 淑彦
(第19回) 加藤 正弘
(第20回) 山鳥  重
(第21回) 浅井 昌弘
(第22回) 久保 浩一
(第23回) 笹沼 澄子
(第24回) 岩田  誠
(第25回) 竹田 契一
(第26回) 大東 祥孝
(第27回) 鹿島 晴雄
(第28回) 河村  満
(第29回) 種村  純
(第30回) 田川 皓一
(第31回) 板倉  徹
(第32回) 故 田邉 敬貴 代行 鹿島 晴雄
(第33回) 石合 純夫
(第34回) 中島 八十一
(第35回) 浜田 博文
(第36回) 藤田 郁代
(第37回) 小林 祥泰
(第38回) 森  悦朗
(第39回) 故 加藤 元一郎 代行 三村  將
(第40回) 武田 克彦
(第41回) 立石 雅子
(第42回) 種村 留美
4. 過去5年間の学会長氏名と基本テーマ
 
第36回会長:藤田 郁代 (国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科 教授)
  特別講演: 「Structural and Functional Connectivity of the Brain Regions Supporting Auditory Sentence Comprehension.」
  会長講演: 「日本語の統語障害」
  教育講演: 1.認知症の症候学と画像診断
2.“気づき”の障害
  シンポジウム1: 「ノンバーバル コミュニケーション」
1.顔認知の発達
2.自閉症児における言語発達と共同注意
3.視床背内側核病変とsociopathy
4.Broca 野と社会的認知
  シンポジウム2: 「進行性失語」
  1.進行性失語の概念と診断
2.神経病理基盤に関する今日的理解
3.進行性失語における臨床的特徴−失書の問題を中心に−
4.失語像の多様性:“Logopenic”型PPA を中心に
5.進行性失語の評価
  パネルディスカッション: 「統語処理の障害」
1.統語の神経機構
2.文法中枢
3.日本語における失文法−統語処理からみた障害特徴
4.構文の治療−動詞処理が文発話に及ぼす影響の検討
  ランチョンセミナー: 1.認知症から学ぶ人のこころと行動
2.脳卒中後のいろいろな誤嚥−肺炎への序章−
3.新しい認知症治療薬とADL
第37回会長:小林 祥泰 (島根大学 学長)
  特別講演: 「やる気と脳−価値と動機づけの脳機能イメージング」
  会長講演: 「脳卒中後アパシーと血管性認知症」
  教育講演I: 「安静時機能的MRIによる認知症早期診断システム」
  教育講演II: 「失語症の回復と脳内ネットワークの役割」
  教育講演III: 「失われた空間−半側空間無視を考える−」
  教育講演IV: 「認知症短期集中リハビリテーション」
  教育講演V: 「高次脳機能障害と東洋医学」
  教育講演VI: 「大脳損傷による嚥下障害の病態」
  教育講演VII: 「霊長類における本能的認知機構と膝状体外視覚系−蛇と人の顔がどうして見分けられるの?−」
  シンポジウム: 「リハビリテーションにおけるアパシーとその対策」
1.リハビリテーション医療現場におけるアパシーとその対策:総論
2.回復期リハ病棟における脳卒中後うつとアパシー
3.精神科病棟におけるアパシー改善の取り組み
4.アパシーを呈する在宅認知症患者の脳活性化リハビリテーション
  ワークショップI: 「失語症の回復メカニズム」
1.失語症の言語治療効果に関する因子分析研究
2.失語症非訓練例データ解析
3.失語症の長期回復
4.失語症の回復と認知機能
  ワークショップII: 「神経心理学におけるIT活用」
1.基調講演「パーソナルコンピューティング」という新しい感覚器官が導く未来
2.認知症マススクリーニングにおけるiPadの活用:CADiの開発と検証
3.タッチパネルを用いた認知症の診断
4.脳トレゲームは認知機能を向上させることができるのか?
5.iPadで何ができるか?言語聴覚療法の分野での検討
  ワークショップIII: 「失語症と認知症における音楽療法の実際」
失語症と認知症における音楽療法の実際 〜心に響く音楽の使い方・生かし方〜
  厚生労働省からの説明: 「失語症患者の障害者認定について」
  ランチョンセミナーI: 「認知症の症候と対応」
  ランチョンセミナーII: 「脳梗塞慢性期治療のトータルマネジメント」
  ランチョンセミナーIII: 「認知症の人の「よるべなさ」についての医療」
  ランチョンセミナーIV: 「脳卒中後のうつとアパシー」
  ランチョンセミナーV: 「健康長寿に適した降圧薬−認知症予防を考慮した高血圧治療の考え方−」
第38回会長:森  悦朗 (東北大学大学院 教授)
  特別講演: 「Behavioral Neurology Takes You on a Tour of the Brain.」
  会長講演: 「行動神経学への誘ない」
  教育セミナーI: 「意識や注意の症候学」
  教育セミナーII: 「行動異常の症候学」
  教育セミナーIII: 「パーキンソン病関連疾患と行動神経学」
  教育セミナーIV: 「薬剤と行動神経学」
  教育セミナーV: 「脳血管障害と画像診断」
  教育セミナーVI: 「認知症入門」
  教育セミナーVII: 「失語症と画像診断」
  シンポジウムI: 「失語症の実態と治療戦略」
1.脳血管障害における失語症の病態と治療戦略
2.言語障害の構造に対応した集中的言語治療
3.コミュニケーション障害の視点から
4.言語治療の課題−超急性期から在宅までを経験して
  シンポジウムII: 「視覚背側経路は何をしているのか」
1.視覚背側経路損傷による症状の概要
2.視覚背側経路の働きを行動学的に推測する
3.Balint-Holmes 症候群における距離判断と visuospatial short-term memory
4.頭頂葉内側部の機能−道順障害の検討から−
  シンポジウムIII: 「頭部外傷をめぐる最近の話題」
1.びまん性軸索損傷の病態
2.頭部外傷の神経病理
3.頭部外傷の分子イメージング
4.頭部外傷の社会行動障害
  シンポジウムIV: 「認知症の言語症状を徹底的に討論する」
1.認知症の言語症状−失語以外の言語症状
2.進行性非流暢性失語の症候と経過
3.Semantic dementia の言語障害の本質は何か
4.シンポジウム
  厚生労働省からの説明: 「障害者総合支援法について」
  症例検討の夕べI: 症例I−1:流暢性失語と前頭側頭型認知症様の行動異常を呈した1例
症例I−2:この非流暢性発話は何に由来するのか−変性型進行性失語の1例
  症例検討の夕べII: 症例II−1:補足運動野手術後に興味ある運動障害を呈した1例
症例II−2:視知覚障害を主徴とした大脳皮質基底核変性症疑い例
  ランチョンセミナーI: 「日常診療からみた抗認知症薬に期待出来ること」
  ランチョンセミナーII: 「これからの認知症診療」
  ランチョンセミナーIII: 「心房細動、頭蓋内出血と高次機能障害」
  ランチョンセミナーIV: 「New Developments in Normal Pressure Hydrocephalus」
  ランチョンセミナーV: 「レビー小体型認知症をめぐって」
  ランチョンセミナーVI: 「認知症診療における神経心理検査:施行法、解釈におけるピットフォール」
  ランチョンセミナーVII: 「脳梗塞急性期に対する血栓溶解療法の新たな治療戦略」
  ランチョンセミナーVIII: 「レビー小体病診療におけるドパミントランスポーター画像の有用性」
第39回会長:故 加藤 元一郎(慶應義塾大学ストレス研究センター長、医学部精神・神経科学教室教授)
      代行 三村 將(慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室教授)

総会URL:http://accessbrain.co.jp/jshbd39/
  特別講演: 「前頭連合野のしくみとはたらき」
  会長講演: 「前頭葉の臨床神経心理学」
  教育講演1: 「発達性読み書き障害」
  教育講演2: 「前頭葉損傷のリハビリテーション」
  教育講演3: 「てんかん性健忘」
  教育講演4: 「失語のベスト・プラクティス:Aphasia United からの報告」
  教育講演5: 「言語と非言語のあいだで−臨床を支え導くもの−」
  教育講演6: 「司法神経心理学」
  シンポジウム1: 「発達障害と神経心理学」
1.自閉スペクトラム症と言語性記憶
2.発達障害における顔認知
3.自閉スペクトラム症の嗅覚特性
4.脳画像法からみた自閉スペクトラム症の脳機能ネットワーク
  シンポジウム2: 「前頭葉と言語」
1.前頭葉障害による発話障害の諸相
2.右前頭葉内側面の発話・書字への関与
3.前頭葉と理解障害
4.fMRI からみた統語処理の神経機構
  シンポジウム3: 「前頭側頭葉変性症と紛らわしい病態」
1.意味性認知症と見誤り易い症候について
2.前頭側頭型認知症の多様性と臨床診断の問題
3.難病指定からみたFTLD
4.前頭側頭葉変性症と類似する精神疾患
  シンポジウム4: 「電子機器のリハビリテーション」
1.高次脳機能障害に対するAssistive Technology による支援
2.タイプライティングの障害とその神経基盤について
3.高次脳機能障害を呈した症例の電子機器操作
4.ウェアラブルセンサを用いた協調的認知行動ナビゲーションと振り返りに基づく生活行動認知リハビリテーション支援システム
  ワークショップ1: 「情動」
1.情動を生み出す「脳・心・身体」のダイナミクス:脳画像研究と神経心理学研究からの統合的理解
2.感情認知の心理・神経基盤:現在の理論および臨床的示唆
  ワークショップ2: 「sense of agencyパラダイムによる新たなリハビリテーション戦略―運動麻痺から高次脳機能障害まで」
1.自己意識の神経心理学の試み
2.結合ニューロフィードバックを用いた機能回復へのアプローチ
3.一人称視点による模倣運動を利用した運動・感覚リハビリテーション
  ランチョンセミナー1: 「不眠症治療の新しい展開〜オレキシン受容体拮抗薬の果たす役割とは〜」
  ランチョンセミナー2: 「アルツハイマー型認知症治療薬のトピックス」
  ランチョンセミナー3: 「認知の症候学を脳画像から繙く」
  ランチョンセミナー4: 「現在のAD 治療と予防・治療薬の開発」
  ランチョンセミナー5: 「認知症の家族支援と薬物療法」
  ランチョンセミナー6: 「高齢認知症患者の診断と対応」
第40回会長: 武田 克彦(文京認知神経科学研究所 所長)
副会長: 原  寛美(医療法人社団敬仁会桔梗ヶ原病院 副院長)
総会URL:http://jshbd40.umin.jp/
  特別講演: 「ゾウの時間・ネズミの時間・現代人の時間」
  招待講演1: 「脳の研究はもちろん心の研究でもある。しかしそれはいかにしてか?」
  招待講演2: 「思考のジャンプ:破局と自分を失うこと」
  会長講演: 「思考のジャンプ」
  教育講演1: 「失語症に対する経頭蓋磁気刺激療法〜自験例から」
  教育講演2: 「グラフ理論を応用した大脳白質神経回路網の可視化による
 DAI・MTBI鑑別診断への挑戦」
  特別講習会1: 「県歌『信濃の国』にみる信州と松本」
  特別講習会2: 「研究倫理ならびに利益相反(conflict of interest:COI)の考え方」
(利益相反・倫理委員会)
  シンポジウム1: 「高次脳機能研究のフロンティア−画像・生理手法の臨床応用−」
1.安静時fMRIと認知症の病態生理
2.経頭蓋的磁気刺激療法の高次脳機能障害への応用
3.発達認知神経科学におけるfNIRSの応用:定型・非定型発達脳を可視化する
4.Brain-machine interfaceの原理とその臨床応用
  シンポジウム2: 「古典的症例の今日的意味」
1.Brocaが診た症例“LeborgneとLelong”−史的展望と今日的課題−
2.Liepmannから始まる失行
3.忘れがたい健忘の症例H.M.とその後
4.半側空間無視についてPattersonとZangwillの報告例から学ぶこと
  シンポジウム3: 「高次脳機能障害:社会的行動障害支援と展望」
1.社会的行動障害がもたらす生活のしづらさ
2.社会的行動障害の精神医学的側面
3.地域一般病院における社会的行動障害支援の現状
4.社会的行動障害と地域支援の現状
5.社会福祉法人から見た社会的行動障害
  エクスパートに聞く1: 「様々な認知症との出会い―GSSD, DLB, ALS/PDCなど」
  エクスパートに聞く2: 「失語症・高次脳機能障害学研究のすすめ−若手言語聴覚士の視点から−」
  エクスパートに聞く3: 「ブロカ野・ウェルニッケ野・弓状束の真実?」
  エクスパートに聞く4: 「転がる石に苔つかず−受傷後40年を支えてくれたもの−」
  エクスパートに聞く5: 「高次脳機能障害の人の暮らしが見えていますか?
 −家族に学ぶ『問題』の読み解き方−」
  エクスパートに聞く6: 「重い障害を越えて再び輝き始める脳の底力
 −超慢性期重度失語症者の生命の灯が輝き出す時−」
  ランチョンセミナー1: 「認知症医療学:生活機能と遂行機能」
  ランチョンセミナー2: 「ロボットスーツHALの臨床:
 サイバニックニューロリハビリテーションによる運動学習とは何か?」
  ランチョンセミナー3: 「『食べる』の支援に向けた『姿勢』のデザイン
 多職種連携のための新しいものの見方−重力を味方につけよう!− 」
  ランチョンセミナー4: 「経頭蓋磁気刺激(TMS)入門 〜リハ医療を革新させるために〜」
※ ( )内は、学術総会開催時の所属、役職を記載
5. 会員数(20168月31日時点)
  理事22名、監事2名、幹事3名、代議員172名(理事、幹事は代議員を併任)
正会員4,596名、賛助会員2社、名誉会員19名、特別会員30名、購読会員254施設
6. 機関誌名と年の発行回数
  高次脳機能研究(Higher Brain Function Research) 年4回
7. 事務局所在地
  〒133-0052 東京都江戸川区東小岩2-24-18 江戸川病院内
TEL:03-3673-1557 FAX:03-3673-1512
E-Mail:office@higherbrain.or.jp