学会概要
 
入会案内
 
 
各種届出
 
  学会誌  
学会誌最新号
投稿規程
 
総会案内
 
 
各種講座
 
  会員へのお知らせ  
  長谷川賞  
 
学会出版書籍
 
 
SLTAプロフィール
 
  診療報酬について  
  日本学術会議からの連絡  
 
他団体からの連絡
 
リンク集
正会員専用
 
Top Page
 
学会誌
創刊号から最新号までの目次の内容を検索できます。
 
第12巻 第1号(1992年3月発行)
この号のJ-STAGEへ
原著
 
仮名に選択的な失読と漢字に選択的な失書を呈した左側頭頭頂葉皮質下出血の1例
 

三宅裕子、田中友二   1

第15回日本失語症学会総会講演抄録    11
 
第12巻 第2号(1992年6月発行)
この号のJ-STAGEへ
会長講演
 
高次大脳機能解明への道−大脳連合系の神経症侯学− 平山惠造   103
特別講演
 
体性感覚野と行為障害 岩村吉晃   115
 
高次聴覚機能障害の種類と鑑別 田中美郷   118
シンポジウム座長記
 
失語症の新しいとらえ方 鳥居方策、濱中淑彦   127
シンポジウム
 
前頭葉と失語−超皮質性感覚失語像をめぐって−
 
濱中淑彦、波多野和夫、石黒聖子、橋本眞言、辻麻子、
 
田中春美、三宅祐子、石川佐和夫、太田彰子、中嶋理香、松井明子
   130
 
伝導失語と短期記憶(STM) 相馬芳明    145
 
語義失語と意味記憶障害
 
田辺敬貴、池田学、中川賀嗣、山本晴子、
 
池尻義隆、数井裕光、橋川一雄、原田貢士
   153
 
右半球損傷と言語行動 山鳥重    168
 
てんかん発作性言語症状 兼本浩祐    174
原著
 
伝導失語における聴覚的文理解の構造について
 
中嶋理香、松井明子、濱中淑彦、
 
石川作和夫、磯部紀久子、杉浦美依子
   182
 
失語症全国実態調査報告 189
 
第12巻 第3号(1992年9月発行)
この号のJ-STAGEへ
教育講演 
 
視覚認知障害の病態 久保浩一   215
原著 
 
前頭葉損傷とWord Fluency−特に抑制障害との関連について
 
斎藤寿昭、加藤元一郎、鹿島晴雄、浅井昌弘、保崎秀夫   223
 
右大脳半球梗塞性病変による失文法 長谷川啓子、河村満、平山惠造   232
 
実在語再帰性発話から無意味再帰性発話へ移行した全失語の1例
 
松田実、姉川孝、原健二   239
 
左右半球損傷による構成障害の質的差異についての検討
 
平林一、坂爪一幸、平林順子、遠藤邦彦、宮坂元麿   247
 
脳卒中による慢性期失語症患者に対するPACEについて
 
飯干紀代子、猪鹿倉武、浜田博文   255
 
右前頭葉病変による右利き交叉性純粋語唖の一例
 
横山絵里子、平田温、長田乾、中野明子、佐山一郎   264
 
四肢の運動麻痺が目立たず重度の仮性球麻痺を呈する脳血管障害例の検討
 
大森 将、田川皓一、山本操、福原正代、飯野耕三   271
 
第12巻 第4号(1992年12月発行)
この号のJ-STAGEへ
原著 
 

頭頂後頭葉皮質下病変による「純粋」失書の2症例

 

小島千枝子、藤島一郎、小島義次、大西幸子、堺常雄   285

 

意味記憶Somantic Memoryの障害を示した症例

 

滝沢透、浅野紀美子、波多野和夫、濱中淑彦、森宗勧   294

 

ポジトロンCTを用いた,言語活動に伴う脳の賦活の研究−正常例と軽度の失語症例との比較−

 

川島康宏、柴崎尚、大江千廣   303

 

拍産出能力の保存された重度失語症の2例

 

杉浦主子、米田行宏、吉田高志、山鳥重   313

 

SLTA成績にみる失語症状到達レベル−病巣と発症年齢に関する検討−

 

佐野洋子、宇野彰、加藤正弘、種村純、長谷川恒雄   323

 

進行性失語症侯群の1例−病像と画像および鑑別診断−

 

村井斎子、森寿子、原賢治、安田雄、寺尾章   337

 

90度回転した特異な「姿勢図式」障害を呈した右前頭−頭頂葉皮質下出血の1例

 

西田博昭、田辺敬貴   345

 

実在語再帰性発話を伴ったBroca失語の経過

 

會澤房子、相馬芳明、藤田信也   351