学会概要
 
入会案内
 
 
各種届出
 
  学会誌  
学会誌最新号
投稿規程
 
総会案内
 
 
各種講座
 
  会員へのお知らせ  
  長谷川賞  
 
学会出版書籍
 
 
SLTAプロフィール
 
  診療報酬について  
  日本学術会議からの連絡  
 
他団体からの連絡
 
リンク集
正会員専用
 
Top Page
 
学会誌
創刊号から最新号までの目次の内容を検索できます。
 
第17巻 第1号(1997年3月発行)
この号のJ-STAGEへ
原著 
 
日本語・韓国語二言語使用者失語症例の検討:漢字・仮名,漢字・ハングルの対比を中心に
 

木島理恵子、吉野眞理子、河村満、河内十郎、白野明   1

 
失語症者の発話における自己修正能力に関わる要因について 春原則子、宇野彰   10
第20回日本失語症学会・会長講演 
 
言語理解におけるカテゴリー性 山鳥重   15
第20回日本失語症学会総会講演抄録    25
 
第17巻 第2号(1997年6月発行)
この号のJ-STAGEへ
シンポジウム
 
「Working Memory」座長記 岩田誠   125
 
ワーキング・メモリーの神経機構 船橋新太郎   126
 
言語とワーキングメモリ 苧阪満里子   134
 
臨床神経心理学とWorking Memory 山下光   140
 
音韻性(構音性)ループの神経基盤 相馬芳明   149
 
Central Executiveの機能とその障害 藤井俊勝   155
原著
 
標識描画検査より見た失語症者のイメージ能力に関する一考察
 

西田桂太郎、矢野和美、荒井寿美、北村淑子、竹田契一   164

 
右利き交叉性失語を呈した日本語と韓国語併用者一例の検討
 

福永真哉、安部博史、服部文忠、薛克良、亀井博之   170

 
左前頭葉深部白質病変による超皮質性感覚性失語
 

高橋伸佳、河村満、師尾郁、旭俊臣   178

 
第17巻 第3号(1997年9月発行)
この号のJ-STAGEへ
特別講演 
 
WORKING MEMORY AND LANGUAGE PROCESSING Alan Baddeley   189
フォーラム
 
「失語症セラピーの前線」座長記 柏木敏宏   201
 
非流暢性失語に対するモーラ指折り法の効果 會澤房子   203
 
失語症者とのコミュニケーションの展開について 浅野紀美子   208
 
社会適応に影響を及ぼす要因の検討 立石雅子   213
 
失語症者の生きがいある生活を援助するためのアプローチ 林耕司   218
指定発言 
 
急性期におけるSTの役割 田中春美   222
原著 
 
SLTA成績にみる失語症状の長期経過−発話項目に関する検討−
 
下馬場かおり、小嶋知幸、佐野洋子、上野弘美、加藤正弘   224
 
左前頭葉脳腫瘍摘出後にGerstmann症候群を呈した1例
 
三宅裕子、川村純一郎、波多野和夫   233
 
左一側性病変による聴覚性失認 毛束真知子、河村満   241
 
左前頭葉病変による失語の再検討
 
仲秋秀太郎、吉田伸一、中島理香、濱中淑彦、中村光   249
 
緩徐進行性失行症の一例 永井知代子、原由紀子、岩田誠   
 
第17巻 第4号(1997年12月発行)
この号のJ-STAGEへ
原著 
 

「未分化ジャルゴン」の再検討:症例報告と新しいジャルゴン分類の提唱

 

松田実、鈴木則夫、生天目英比古、中村和雄、中谷嘉文   269

 

地誌的障害を呈した右辺緑葉後端部皮質下出血(retrosplenial subcortical hematoma)の1例

 

福原正代、田川皓一、飯野耕三   278

 
長さ弁別課題を用いた左半側空間無視の検討 稲木康一郎、平林一、伊沢真   285
 

健常成人の記憶の自己評価に対する強迫性の関与

 

鐘築裕子、小林祥泰、安部和美、山口修平、種田真砂雄   295

 

失語症者の語用能力(pragmatic abilities)の評価−話し手と聞き手の役割の理解,および文脈(context)によるノンバーバル(nonverbal)な行動パターンの違いについて−

 

三田地真実   303

 
重篤な語音産生障害が長期に及んだ純粋語唖症例 中嶋敏子   313
 
Wernicke失語症例の音読改善過程−症例報告− 待井典子、宇野彰   319
 

1失語症者における50音表を活用した際の仮名音読と書取能力の乖離

 

春原則子、宇野彰、高木誠   325