学会概要
 
入会案内
 
 
各種届出
 
  学会誌  
学会誌最新号
投稿規程
 
総会案内
 
 
各種講座
 
  会員へのお知らせ  
  長谷川賞  
 
学会出版書籍
 
 
SLTAプロフィール
 
  診療報酬について  
  日本学術会議からの連絡  
 
他団体からの連絡
 
リンク集
正会員専用
 
Top Page
 
学会誌
創刊号から最新号までの目次の内容を検索できます。
 
第26巻 第1号(2006年3月発行
この号のJ-STAGEへ

29回総会 会長講演

 
失語症治療における認知神経心理学的方法 種村純   1
原著 
 
多彩な錯語を呈した「失名詞」失語:形式性錯語を中心に 水田秀子   8
 
健常高齢者における神経心理学検査の測定値−年齢・教育年数の影響−
 
原田浩美、能登谷晶子、中西雅夫、藤原奈佳子、井上克己   16
 
第29回日本高次脳機能障害学会(旧 日本失語症学会)総会講演抄録 一般演題 25
学会通信    107
投稿規定    109
 
第26巻 第2号(2006年6月発行
この号のJ-STAGEへ
特別講演 
 
Recent Developments in Neuropsychological Rehabilitation Barbara A. Wilson   121
シンポジウム:失語症への認知神経心理学的アプローチ 
 
座長記「失語症への認知神経心理学的アプローチ」 種村純、辰巳格   128
 
失語症と失読症の認知神経心理学−その接点− 辰巳格   129
 
読み書き障害の認知神経心理学−その貢献と弊害−
 
松田実、鈴木則夫、長濱康弘、翁朋子、平川圭子   141
 
復唱における生理心理学的検討−入力および把持の処理過程を中心に−
 
小嶋知幸   156
原著 
 
失語症の一例における音韻処理を介さない仮名書字とワープロ・ローマ字入力
 
柏木あさ子、柏木敏宏、西川隆   169
 

高次脳機能障害を伴う失語症例のインスリン自己注射の獲得過程 

 
小薗真知子   180
 

音韻失読では仮名非語の音読だけが選択的に障害されるのか?

 
加藤あすか、伏見貴夫、新貝尚子、辰巳格、山本満   189
 

「まわりくどい話が止まらない」脳外傷の一例−談話障害についての考察−

 
山里道彦、佐藤晋爾、池嶋千秋、朝田隆   200
特別報告 
 
高次脳機能障害全国実態調査報告 高次脳機能障害全国実態調査委員会   209
学会通信    219
投稿規定    221
 
第26巻 第3号(2006年9月発行)
この号のJ-STAGEへ
教育講演 
 
半側無視の下位分類 前島伸一郎   235
 
運動の計算理論と神経心理学 福澤一吉   245
 
タッチの大脳メカニズム 岩村吉晃   253
シンポジウム:高次脳機能障害支援モデル事業 
 
座長記 椿原彰夫、三村將   261
 
高次脳機能障害支援モデル事業について 中島八十一   263
 
モデル事業後の高次脳機能障害への取り組み 大橋正洋   274
 
心理士が行う認知リハ─名古屋リハの実践から 阿部順子   283
 
高次脳機能障害者の地域・社会生活支援について −三重モデルの観点から−
 
白山靖彦   290
 
神経心理学から見た高次脳機能障害支援モデル事業 −とくに診断基準と対象の選択について
 
加藤元一郎   299
特別報告 
 
標準注意検査法(CAT)と標準意欲評価法(CAS)の開発とその経過
 
加藤元一郎 注意・意欲評価法作製小委員会   310
原著 
 
“もの忘れ外来”を受診した高齢者の言語性記憶に関する研究
 
大沢愛子、前島伸一郎、種村純、関口恵利、板倉徹   320
 

“もの忘れ外来”における認知症と言語流暢性課題 

 
大沢愛子、前島伸一郎、種村純、関口恵利、板倉徹   327
学会通信    335
投稿規定    337
 
第26巻 第4号(2006年12月発行)
この号のJ-STAGEへ
第9回長谷川賞受賞論文決定    347
原著 
 

失語症の長期経過−改善不良群を中心に−

 
中川良尚、小嶋知幸、佐野洋子、加藤正弘   348
 
失語症者が単語の聴覚理解過程で示す意味的誤りについて 黒田喜寿、黒田理子   354
 
“喜び”情動を用いた高齢者における “眼の表情認知” 上田彩子、小山高正   361
 
読み障害を伴わず,書字の習得障害を示した小児の1例 橋本竜作、柏木充、鈴木周平   368
 
反響反復書字を呈した脳血管障害の1例 黒崎芳、辰巳寛、波多野和夫   377
 

未就学児における聴覚性言語性記憶の発達についての検討−Rey’s Auditory Verbal Learning Test「小児版」作成にむけて−

 
柴玲子、小林範子、石田宏代、鈴木牧彦、後藤多可志、紺野加奈江   385
 

Foreign accent syndromeを初発症状とするfrontotemporal dementia.新しい症候の可能性?

 
福井俊哉、李英愛、稗田宗太郎   397
短報 
 
重度運動性失語例の長期経過 原田浩美、能登谷晶子、四十住縁   408
2006年度日本高次脳機能障害学会 理事会・評議員会・総会議事報告 417
役員・委員会名簿 434
日本高次脳機能障害学会会則 436
学会通信 439
投稿規定 441
総目次 巻末