学会概要
 
入会案内
 
 
各種届出
 
  学会誌  
学会誌最新号
投稿規程
 
総会案内
 
 
各種講座
 
  会員へのお知らせ  
  長谷川賞  
 
学会出版書籍
 
 
SLTAプロフィール
 
  診療報酬について  
  日本学術会議からの連絡  
 
他団体からの連絡
 
リンク集
正会員専用
 
Top Page
 
学会誌
創刊号から最新号までの目次の内容を検索できます。
 
第28巻 第1号(2008年3月発行)
この号のJ-STAGEへ
原著 
 

右側優位の側頭葉萎縮をともなった相貌認知障害の一症例

  石川智久、中川賀嗣、小森憲治郎、池田学、田邉敬貴    1

ミトコンドリア脳筋症後に重度ブローカ失詰を呈した中学生の改善過程

  山岸敬   11
高次脳機能障害者における社会的行動障害についての検討(1)
―社会適応障害調査票作成と信頼性・妥当性の検討―
  駒澤敦子、鈴木伸一、久保義郎、丸石正治   20
第31回日本高次脳機能障害学会(旧 日本失語症学会)総会講演抄録 一般演題 30
学会通信 121
投稿規定 123
 
第28巻 第2号(2008年6月発行)
この号のJ-STAGEへ
特別講演
Rehabilitation after traumatic brain injury : an Australian context
Robyn L.Tate  129
オーストラリアにおける外傷性脳損傷のリハビリテーション
(日本語訳 大沢愛子)  143
シンポジウム : 高次脳機能の局在とネットワーク
座長記  
  植村研一 田川皓一  152
覚醒下手術からみた高次脳機能障害
 (第31回総会 会長基調講演)
 
  板倉 徹 西林宏起 中尾直之  156
前頭葉,基底核の高次脳機能  
  大槻美佳  163
言語野周辺の高次脳機能 : 皮質電気刺激・
 皮質脳波による高次脳機能マッピング
 
  鈴木匡子  176
頭頂葉に関連する高次脳機能  
  横山絵里子 中野明子  184
小脳を中心としたテント下病変の高次脳機能  
  大沢愛子 前島伸一郎  192
教育講演
記憶とその病態
加藤元一郎  206
半側空間無視
前田真治  214
中枢性聴覚障害の画像と診断
 ついての検討(2) −受傷後の生活状況との関連−
加我君孝 竹腰英樹 林 玲匡  224
短報
高次脳機能障害者における社会的行動障害に
 ついての検討(2) −受傷後の生活状況との関連−
駒沢敦子 鈴木伸一 久保義郎 丸石正治  231
学会通信 237
投稿規定 239
 
第28巻 第3号(2008年9月発行)
この号のJ-STAGEへ
シンポジウム :
  高次脳機能リハビリテーション最前線
座長記  
  大東祥孝 岩田 誠  245
半側空間無視へのアプローチ  
  石合純夫  247
前頭葉と精神症状に対するアプローチ  
  三村 將  257
高次脳機能を改善させるアプローチ  
 

前島伸一郎 大沢愛子 板倉 徹  267

言語聴覚士による高次脳機能障害へのアプローチ  
 

関 啓子  276

作業療法士の立場から見た高次脳機能障害への
 アプローチ
 
  種村留美  284
カレントスピーチ
高次脳機能障害患者への摂食・嚥下アプローチ
熊倉勇美  291
教育講演
感情に関わる発話意図の理解機能
今泉 敏 木下絵梨 山崎和子  296
MCIと認知症
目黒謙一  303
遂行機能の臨床
種村 純  312
注意障害の臨床
豊倉 穣  320
原著
一部のカテゴリーを除き意味記憶が保たれていた
 語義失語の1症例
船山道隆 小嶋知幸 山谷洋子 加藤正弘  329
学会通信 343
投稿規定 345
 
第28巻 第4号(2008年12月発行)
この号のJ-STAGEへ
    
第11回長谷川賞受賞論文決定 351
原著
「伝導性失行」と姿態模倣障害  
近藤正樹 望月 聡 小早川睦貴 鶴谷奈津子 河村 満  352
Clock Drawing Test (CDT)の評価法に関する
 臨床的検討
 
吉村貴子 前島伸一郎 大沢愛子 関口恵利  361
日本版前頭葉性行動質問紙
 Frontal Behavioral Inventory(FBI)の作成
 
松井三枝 三村 將 田渕 肇 加藤 奏 鈴木道雄 葛野洋一  373
地理的定位錯誤から重複記憶錯誤に発展した
 右前頭葉出血の1例
 −重複記憶錯誤の成立過程について−
 
  船山道隆 加藤元一郎 三村 將  383
アルツハイマー病に出現した漢字の
 選択的失書について
 
斎藤文恵 加藤元一郎 村松太郎 藤永直美 吉野眞理子 鹿島晴雄  392
尺八譜と五線譜の読み書きに乖離を呈した
 失音楽症の1例
 
  山田和泉 種村 純 岸本寿男  404
脳損傷者の社会復帰状況と
 知能,注意,記憶,遂行機能検査との関係
 
用稲丈人 狩長弘親 山本陽子 八木真美 種村 純  416
2008年度日本高次脳機能障害学会
 理事会・評議員会・総会議事報告
427
役員・委員会名簿 440
日本高次脳機能障害学会会則 442
学会通信 445
投稿規程 447
総目次 巻末