学会概要
 
入会案内
 
 
各種届出
 
  学会誌  
学会誌最新号
投稿規程
 
総会案内
 
 
各種講座
 
  会員へのお知らせ  
  長谷川賞  
 
学会出版書籍
 
 
SLTAプロフィール
 
  診療報酬について  
  日本学術会議からの連絡  
 
他団体からの連絡
 
リンク集
正会員専用
 
Top Page
 
学会誌
創刊号から最新号までの目次の内容を検索できます。
 |5巻1号5巻2号5巻3号| 
 
第5巻 第1号(1985年2月発行)
この号のJ-STAGEへ
シンポジウム
 
「失語症の経過と予後」 福井圀彦   699
 
失語症と脳血流−経過と予後−
 

牧下英夫、田丸冬彦、宮坂元磨、遠藤邦彦、杉下守弘、柳沢信夫   701

 
失語症言語治療例の改善パターン−SLTA総合評価尺度による検討−
 

種村純、長谷川恒雄   709

 
非右利き失語症の経過と予後 河内十郎、竹内愛子   717
 
神経心理における経過について−神経内科の立場から− 志田堅四郎   724
 
失語症の回復のメカニズム−長期観察例を通しての考察− 上田敏、綿森淑子   733
カレントスピーチ
 
鏡映文字 杉下守弘   743
原著
 
失語症者の聴覚的理解に及ぼす文脈・統語的性質の影響
 

木村康子、柏木あさ子、柏木敏宏、長谷川恒雄   748

 
発達性語聾の一症例における聴覚的理解の形成に関する検討
 

小島義次、龍浩志、植村研一   758

 
右手に物品の強迫的使用を呈した1例
 

能登谷晶子、鈴木重忠、倉知正佳、小山善子、小野江為久   764

 
錯語の神経心理学的検討−続報− 大東祥孝、濱中淑彦、波多野和夫   771
書評
 
「言語治療マニュアル」 長澤泰子   780
 
第5巻 第2号(1985年7月発行)
この号のJ-STAGEへ
原著
 
失語症における階層的意味カテゴリー 工藤孝行、立石雅子、瀬川信雄   795
 
前大脳動脈領域梗塞症例における言語障害について
 

安村修一、伊藤直樹、佐藤茂、岩淵麗子、中村フミエ、関啓子   803

 
「文字配置テスト」の試み 浅野紀美子、滝沢透、波多野和夫、森宗勧、濱中淑彦   810
 
範畴特異性失読と読字過程の神経心理モデル
 

山鳥重、元村直靖、遠藤美岐、三谷洋子   817

 
運動失調性構音障害における右第3前頭回脚部(右Broca中枢)病変の役割
 

河村満、平山恵造、広瀬肇   822

 
失語症者の短期記憶において活性化された音および意味の把持について
 

肥後功一、種村純、宇野彰   827

 
純粋語唖の二症例の音声学的分析
 

杉下守弘、紺野加奈江、加部澄江、柚木和太、富樫修、河村満   836

カレントスピーチ
 
Jargonの神経心理学的検討 渡辺俊三、北条敬、田崎博一、華園寿英   848
 
相貌失認 鳥居方策、玉井顕   854
 
失語症のスクリーニング 笹沼澄子   858
 
第5巻 第3号(1985年11月発行)
この号のJ-STAGEへ
標準高次動作性検査−完成版の作製経過−    865
 
原著 
 

失文法を主症状とする右利き交叉失語の1例

 

遠藤美岐、三谷洋子、森悦朗、山鳥重   887

 

訓練モダリティ別呼称改善のメカニズム(T)−書字を用いた呼称訓練と復唱的呼称訓練−

 

宇野彰、種村純、肥後功一   893

 

両側半球にわたる反復性脳出血の経過中に相貌失認を呈した一例

 

高橋洋司、田澤豊   903

 
Luriaの聴覚―記憶失語を呈した一例 能登谷晶子、鈴木重忠、倉知正佳   911
 
両側−後頭・側頭葉病変による視覚失認の1例 吉田玲子、浅川和夫   921
 

大脳性色覚障害の一例

 

佐久間啓、鹿島晴雄、半田貴士、加藤元一郎、保崎秀夫、鶴岡はつ、新井弘之、阿部春樹   929