学会概要
入会案内
各種届出
学会誌
総会案内
各種講座
会員へのお知らせ
長谷川賞
学術研究助成制度
学会書籍出版
検査法プロフィール
診療報酬について
日本学術会議からの連絡
他団体からの連絡
リンク集
正会員専用
Top Page
長谷川賞
 本賞は本学会の創設者、長谷川恒雄先生を記念して設けられた賞です。その目的は、失語症に限らず高次脳機能に関し、優れた業績をあげている若手研究者を鼓舞し、もって、この領域の研究発展に寄与することにあります。
 選考対象は過去2年間に本誌に掲載された原著論文のうちOriginalityのある優れたもので、筆頭著者が投稿時点で40歳以下という条件に合うものとなります。ただし、該当論文がない場合は見送られることもあります。
 受賞者には学術総会において長谷川賞(副賞30万円)が授与されます。
 会員諸先生、奮ってご投稿ください。
谷川賞選考委員会
 
1回〜第3回
  委 員 長: 田中 美郷
  副委員長: 植村 研一
  委  員: 岩田  誠、鹿島 晴雄、笹沼 澄子、山鳥  重
 
4回〜第6回
  委 員 長: 山鳥  重
  副委員長: 植村 研一
  委  員: 岩田  誠、鹿島 晴雄、久保 浩一、竹田 契一、濱中 淑彦
 
7回
  委 員 長: 山鳥  重
  委  員: 岩田  誠、久保 浩一、竹田 契一、渡辺 俊三
 
8回・9回
  委 員 長: 山鳥  重
  委  員: 岩田  誠、久保 浩一、竹田 契一、渡辺 俊三、綿森 淑子
 
10回・11回
  委 員 長: 岩田  誠
  委  員: 石合 純夫、大東 祥孝、武田 克彦、竹田 契一、山鳥  重、
渡辺 俊三、綿森 淑子
 
12回
  委 員 長: 岩田  誠
  委  員: 石合 純夫、大東 祥孝、河村  満、武田 克彦、竹田 契一、
山鳥  重、渡辺 俊三、綿森 淑子
 
13回〜15回
  委 員 長: 岩田  誠
  委  員: 石合 純夫、大東 祥孝、加藤元一郎、河村  満、武田 克彦、
藤田 郁代、森  悦朗、綿森 淑子
 
16回・17回
  委 員 長: 大東 祥孝
  委  員: 石合 純夫、大槻 美佳、加藤元一郎、河村  満、鈴木 匡子、
武田 克彦、藤田 郁代、松田  実、森  悦朗、綿森 淑子
 
18回
  委 員 長: 石合 純夫
  委  員: 大槻 美佳、加藤元一郎、河村  満、鈴木 匡子、武田 克彦、
藤田 郁代、松田  実、森  悦朗、綿森 淑子
 
19回〜21回
  委 員 長: 石合 純夫
  委  員: 太田 久晶、大槻 美佳、河村  満、佐藤 睦子、鈴木 匡子、
武田 克彦、松田  実、森  悦朗
 
22回より
  委 員 長: 石合 純夫
  委  員: 太田 久晶、大槻 美佳、佐藤 睦子、鈴木 匡子、松田  実、
緑川  晶、松井 俊哉、森  悦朗
       
第1回 「長谷川賞」受賞論文
  「朝鮮語・日本語常用者の失語症例」
(失語症研究第15巻第4号掲載、1995)
 
瀧澤  透(京都市リハビリセンター言語室)
  浅野紀美子、波多野和夫、濱中 淑彦、森宗  勧
第2回 「長谷川賞」受賞論文
  「左頭頂葉病変の一例における運動覚性音読の障害」
(失語症研究第18巻第2号掲載、1998)
 
井堀 奈美(前協立温泉病院、現川崎協同病院言語室)
  柏木あさ子、柏木 敏宏、田邉 敬貴、中川 賀嗣
第3回 「長谷川賞」受賞論文
  「強迫的使用・パントマイム現象−検査場面および日常場面での検討−」
(失語症研究第19巻第1号掲載、1999)
 
望月  聡(東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系認知行動科学)
  河村  満、河内 十郎、尾花 正義
第4回 「長谷川賞」受賞論文
  「失語症患者の言語性短期記憶−2症例における音韻情報と意味情報の短期保持について−」
(失語症研究第20巻第3号掲載、2000)
 
目黒 祐子(東北大学大学院医学系研究科高次機能障害学分野)
  藤井 俊勝、月浦  崇、山鳥  重、大竹 浩也、
大塚 祐司、遠藤 佳子
第5回 「長谷川賞」受賞論文
  「語義失語患者に認められた『語義』障害について」
(失語症研究第20巻第2号掲載、2000)
 
三浦 利奈(東北大学大学院医学系研究科高次機能障害学)
  田淵実治郎、遠藤 佳子、藤井 俊勝、山鳥  重
第6回「長谷川賞」受賞論文
  「心的イメージの操作障害としてとらえたGerstmann症候群」
(失語症研究第21巻第1号掲載、2001)
 
永井知代子(東京女子医科大学脳神経センター神経内科)
  岩田  誠
第7回「長谷川賞」受賞論文
  「小児失語症例における失読パターン:単語属性効果の検討による失読機序の分析」
(高次脳機能研究 第23巻第2号掲載、2003)
 
新貝 尚子(日本医科大学付属第二病院リハビリテーション科、
        現 NTT東日本関東病院リハビリテーション科)
  伏見 貴夫
第8回「長谷川賞」受賞論文
  「情動に修飾される人物同定障害」
(高次脳機能研究 第24巻第3号掲載、2004)
 
秋山 知子(駒木野病院精神科)
  加藤元一郎、村松 太郎、斎藤 文恵、三村  將
第9回「長谷川賞」受賞論文
  「高齢者における表情認識」
(高次脳機能研究 第25巻第3号掲載、2005)
 
鈴木 敦命(東京大学大学院総合文化研究科)
  星野 崇宏、河村  満
第10回「長谷川賞」受賞論文
  「後出し負けじゃんけん時の補足運動野の役割」
(高次脳機能研究 第25巻第3号掲載)
 
福永 篤志(慶應義塾大学医学部脳神経外科、濱野生命科学研究財団小川脳機能研 究所)
  大平 貴之、加藤元一郎、鹿島 晴雄、河瀬  斌
  「読み障害を伴わず、書字の習得障害を示した小児の1例」
(高次脳機能研究 第26巻第4号掲載)
 
橋本 竜作(大阪医科大学高次脳機能発達総合研究講座)
  柏木  充、鈴木 周平
第11回「長谷川賞」受賞論文
  「音韻失読では仮名非語の音読だけが選択的に障害されるのか?」
(高次脳機能研究 第26巻第2号掲載)
 
加藤あすか(埼玉医科大学総合医療センター リハビリテーション科)
  伏見 貴夫、新貝 尚子、辰巳  格、山本  満
第12回「長谷川賞」受賞論文
  「地理的定位錯誤から重複記憶錯誤に発展した右前頭葉出血の1例 − 重複記憶錯誤の成立過程について −」
(高次脳機能研究 第28巻第4号掲載)
 
船山 道隆(足利赤十字病院精神神経科)
  加藤 元一郎、三村  將
第13回「長谷川賞」受賞論文
  「側頭葉型Pick病(意味性認知症)における行為表出・行為理解障害」
(高次脳機能研究 第29巻第2号掲載)
 
近藤 正樹(京都府立医科大学神経内科)
  望月 聡、小早川 睦貴、鶴谷 奈津子、河村 満
第14回「長谷川賞」受賞論文
  該当論文なし
第15回「長谷川賞」受賞論文
  「語義失語あるいは超皮質性感覚失語の語義理解障害をどう考えるか」
(高次脳機能研究 第31巻第4号掲載)
 
中島 明日佳(足利赤十字病院リハビリテーション科)
  船山 道隆、小嶋 知幸、稲葉 貴恵、川島 広明、青木 篤美
第16回「長谷川賞」受賞論文
  「言語性短期記憶のメカニズムとその障害について−把持ストラテジーの検討から−」
(高次脳機能研究 第31巻第4号掲載)
 
高倉 祐樹(網走脳神経外科・リハビリテーション病院)
  大槻 美佳、中川 賀嗣、大澤 朋史、谷川 緑野
第17回「長谷川賞」受賞論文
  該当論文なし
第18回「長谷川賞」受賞論文
  『文の聴理解に影響を及ぼす因子について−SLTA「口頭命令に従う」の分析を通して−』
(高次脳機能研究 第34巻第3号掲載)
 
山﨑 勝也(無所属、現 済生会神奈川県病院リハビリテーションセラピスト科)
  関野とも子、古木  忍
第19回「長谷川賞」受賞論文
  「失語症患者における言語性保続の発生に関係する要因の検討」
(高次脳機能研究 第35巻第3号掲載)
 
石川 幸伸(国際医療福祉大学福岡保健医療学部言語聴覚学科)
  藤田 郁代
第20回「長谷川賞」受賞論文
  『 線画に比べ実物や写真でより顕著な障害を認めた視覚失認の一例 ─「輪郭線だけがわっとある」─ 』
(高次脳機能研究 第36巻第2号掲載)
 
竹田奈央子(星ヶ丘医療センターリハビリテーション部)
  渋谷 静英、塚本 能三、西川 隆、柏木 敏宏
第21回「長谷川賞」受賞論文
  「失語症者の保続症状に対するTAP(Treatment of Aphasic Perseveration)の効果」
(高次脳機能研究 第37巻第2号掲載)
 
浜田 智哉(臨床福祉専門学校言語聴覚療法学科)
  田中 果南、今井 友城、東山 雄一、田中 章景
第22回「長谷川賞」受賞論文
  「左側頭葉後下部性失読失書1 例における仮名文字列の読み方略について」
(高次脳機能研究 第37巻第4号掲載)
 
髙野 裕輝(日本福祉教育専門学校言語聴覚療法学科)
  関野 とも子、山﨑 勝也