SLTAプロフィール
 
  診療報酬について  
 
日本学術会議からの連絡
 
 
 
正会員専用
 
 
学会出版書籍
標準失語症検査 検査器具 Standard Language Test of Aphasia (SLTA)
診療報酬:450点
編集:日本高次脳機能障害学会
著者:日本高次脳機能障害学会 Brain Function Test委員会
スタンダードな失語症検査法である本検査のマニュアルは先ほど22年ぶり大改訂が行われました。検査そのものの内容には変更はありませんが,マニュアルに,従来講習会で指導されてきた詳細な評価基準などが加筆され,充実しました。検査器具のなかにはこの新しいマニュアルが1部含まれておりますが,すでにキットをお持ちの方々もお求めできるよう,マニュアルのみの別売も行っております。
◆定価(本体42,000円+税)


【セット内容】
標準失語症検査マニュアル(B5判,160頁)改訂第2版
標準失語症検査図版
標準失語症検査用文字カードおよび道具
標準失語症検査記録用紙および計算用紙(各5部)
★アタッシュケース入り
*別売 マニュアル改訂第2版定価(本体6,800円+税)
*別売 記録用紙20部入り定価(本体3,700円+税)
【出版経過:標準失語症検査マニュアル(SLTA)】
「第1版」 編集:失語症研究会
著者:失語症研究会(韮山カンファレンス) 標準失語症検査作製委員会
発行:鳳鳴堂書店[1975年8月31日]
「改訂第1版」   編集:日本失語症学会
著者:日本失語症学会 SLTA小委員会マニュアル改訂部会
発行:(株)新興医学出版社[1997年10月20日]
「改訂第2版」   編集:日本高次脳機能障害学会(旧日本失語症学会)
著者: 日本高次脳機能障害学会(旧日本失語症学会)
Brain Function Test委員会
発行:(株)新興医学出版社[2003年6月20日]
※ 2009年春にSLTAマニュアルをご購入された方へ

標準失語症検査補助テスト Supplementary Tests for Standard Language Test of Aphasia(SLTA-ST)
編集:日本高次脳機能障害学会
著者:日本高次脳機能障害学会 Brain Function Test委員会
本検査法は、SLTAだけではカバーできない軽度の失語症の症状把握や掘り下げテストを目的として作成されました。実用的な言語能力を調べ、言語訓練課題やコミュニケーション手段の設定に有用な情報を提供するものです。
【検査項目】

1.発声発語器官および構音の検査
2.はい‐いいえ応答
3.時間と金額の計算
4.まんがの説明
5.長文の理解
6.呼称

◆定価(本体30,000円+税)


【セット内容】
標準失語症検査補助テストマニュアル(B5判,150頁)
標準失語症検査補助テスト図版(B5判,70枚)
標準失語症検査補助テスト用カードおよびCD
標準失語症検査補助テスト記録用紙(5部)
*別売 マニュアル改訂第1版定価(本体10,000円+税)
*別売 記録用紙20部入り定価(本体4,000円+税)
【出版経過:標準失語症検査補助テスト(SLTA-ST)】
「第1版」 編集:日本失語症学会
著者:日本失語症学会 Brain Function Test委員会 SLTA小委員会
発行:(株)新興医学出版社[1999年1月5日]
  学会の名称変更に伴い、下記へ変更(2003年6月1日)
編集:日本高次脳機能障害学会(旧日本失語症学会)
著者:日本高次脳機能障害学会(旧日本失語症学会)Brain Function Test委員会
「改訂第1版」 編集:日本高次脳機能障害学会(旧日本失語症学会)
著者:日本高次脳機能障害学会(旧日本失語症学会)Brain Function Test委員会
発行:(株)新興医学出版社[2011年3月31日]
※ 発生発語器官と構音の検査の具体的手続きに関する記載を加え、他の関連箇所も改訂。

標準高次動作性検査  失行症を中心として Standard Performance Test for Apraxia (SPTA)
診療報酬:450点
編集:日本高次脳機能障害学会
著者:日本高次脳機能障害学会 Brain Function Test委員会
本検査法は、1985年の初版以来、失行症を中心とする高次動作性障害の観察を行う臨床の現場で広く活用されてきました。改定第2版は、検査項目は従来どおりですが、麻痺や失語の影響および誤反応得点の算出を再検討した新たな様式のプロフィールが追加されています。
【検査項目】

1.顔面動作
2.物品を使う顔面動作
3.上肢(片手)慣習的動作
4.上肢(片手)手指構成模倣
5.上肢(両手)客体のない動作
6.上肢(片手)連続動作
7.上肢・着衣動作
8.上肢・物品を使う動作
9.上肢・系列的動作
10.下肢・物品を使う動作
11.上肢・描画(自発)
12.上肢・描画(模倣)
13.積木テスト

定価(本体5,700円+税)B5判,142頁

【付 録】
標準高次動作性検査カード
標準高次動作性検査記録用紙
*別売 記録用紙20部入り定価(本体3,300円+税)
【出版経過:標準高次動作性検査(SPTA)】
「第1版」 編集:日本失語症学会
著者:日本失語症学会 高次動作性検査法作製小委員会
発行:(株)医学書院[1985年10月]
「改訂第1版」   編集:日本失語症学会
著者:日本失語症学会 高次動作性検査法作製小委員会
発行:(株)新興医学出版社[1999年1月5日]
「改訂第2版」   編集:日本高次脳機能障害学会(旧日本失語症学会)
著者: 日本高次脳機能障害学会(旧日本失語症学会)
Brain Function Test委員会
発行:(株)新興医学出版社[2003年7月15日]
学会名称を変更。

標準高次視知覚検査 Visual Perception Test for Agnosia (VPTA)
診療報酬:450点
編集:日本高次脳機能障害学会
著者:日本高次脳機能障害学会 Brain Function Test委員会
本検査法は、1997年の初版以来、高次視知覚機能に関する標準化された検査法として広く使用されてきました。改訂版では、検査内容や手順は従来のままで、「検査法講習会」で出された疑問点などをもとに、マニュアルや記録用紙、採点基準をわかりやすく加筆・修正しています。
【検査項目】

1.視知覚の基本機能
2.物体・画像認知
3.相貌認知
4.色彩認知
5.シンボル認知
6.視空間の認知と操作
7.地誌的見当識

◆定価(本体40,000円+税)


【セット内容】
標準高次視知覚検査マニュアル(B5判・200頁)改訂第1版
標準高次視知覚検査図版
標準高次視知覚検査評価用紙(5部)
標準高次視知覚検査評価用紙・別冊(5部)
*別売 マニュアル改訂第1版定価(本体15,000円+税)
*別売 評価用紙20部入り定価(本体7,000円+税)
【出版経過:標準高次視知覚検査(VPTA)】
「第1版」 編集:日本失語症学会
著者:日本失語症学会 失認症検査法検討小委員会
発行:(株)新興医学出版社[1997年12月1日]
「改訂第1版」   編集:日本高次脳機能障害学会(旧日本失語症学会)
著者: 日本高次脳機能障害学会(旧日本失語症学会)
Brain Function Test委員会
発行:(株)新興医学出版社[2003年7月20日]
学会名称の変更に加え、内容を一部変更。

標準高次視知覚検査 熟知相貌検査第2版Visual Perception Test for Agnosia Famous Face Test version 2(VPTA-FFT ver.2)
編集:
著者:
一般社団法人日本高次脳機能障害学会
一般社団法人日本高次脳機能障害学会
Brain Function Test委員会
VPTA・既知相貌検査部分改訂小委員会
本検査法は、標準高次視知覚検査(VPTA)に含まれる「熟知相貌検査」部分の改訂版です。
VPTAの開発から長期間が経過し、被検者が若い世代の場合、そもそもその人物の顔を知らないのか、もしくは相貌認知に問題があるのかの判断が難しい場合が出てきました。そのため、若い世代も評価できるバージョンを開発しました。適切な人物の選定、さらに検査方法の見直し、妥当性、信頼性の検討などを行いました。

※ ver.1の熟知相貌検査を実施したうえで、実施が困難と判断した場合に本検査法を適用します。

【検査項目】

熟知相貌検査
①命名課題、②指示課題、③名前の再認課題が含まれ、それぞれ2つの条件[顔パターン(加工し顔の輪郭のみを残した写真)・頭部パターン(髪を含む通常の顔写真)]で実施し、採点します。

◆定価(本体19,000円+税)


【セット内容】
標準高次視知覚検査 熟知相貌検査第2版マニュアル(B5判・27頁)
標準高次視知覚検査 熟知相貌検査第2版図版
標準高次視知覚検査 熟知相貌検査第2版評価用紙(5部)
*別売 評価用紙20部入り定価(本体3,000円+税)
【出版経過:標準高次視知覚検査 熟知相貌検査第2版(VPTA-FFT ver.2)】
「第1版」 編集:一般社団法人日本高次脳機能障害学会
著者: 一般社団法人日本高次脳機能障害学会
Brain Function Test委員会
VPTA・既知相貌検査部分改訂小委員会
発行:(株)新興医学出版社[2015年12月18日]

標準高次視知覚検査 Visual Perception Test for Agnosia (VPTA)
編集:日本高次脳機能障害学会
著者:日本高次脳機能障害学会 Brain Function Test委員会
注意と意欲の障害は、脳損傷でしばしばみられる非特異的ともいえる症状であり、他のさまざまな高次脳機能障害の分析においても前提として評価すべきものと考えられます。CATとCASは高次脳機能障害の分析、またそのリハビリテーションプログラムの設定およびその効果の判定にあたり、重要な役割を果たすものと期待されます。(本書「刊行によせて」より)
【CATの検査項目】

1.Span
2.Cancellation and Detection Test
3.Symbol Digit Modalities Test (SDMT)
4.Memory Updating Test
5.Paced Auditory Serial Addition Test (PASAT)
6.Position Stroop Test
7.Continuous Performance Test (CPT)

【CASの評価項目】

1.面接による意欲評価スケール
2.質問紙法による意欲評価スケール
3.日常生活行動の意欲評価スケール
4.自由時間の日常行動観察
5.臨床的総合評価

◆定価(本体22,000円+税)


【セット内容】
マニュアル(A4判・202頁)第1版
CAT検査図版
CAT採点用透明シート
CAT検査用CD(Disk I・II)
CAT検査用紙(5部)
CAT・CAS評価用紙(5部)
CAT・CAS評価用紙別紙プロフィール表(5部)
CAS記入用紙(5部)
*別売 評価用紙・検査用紙・記入用紙 各20部、評価用紙別紙 各5部入り定価6,300円(本体6,000円+税)
【出版経過:標準注意検査法・標準意欲評価法(CATS)】
「第1版」 編集:日本高次脳機能障害学会(旧 日本失語症学会)
著者: 日本高次脳機能障害学会(旧 日本失語症学会)
Brain Function Test委員会
発行:(株)新興医学出版社[2006年12月1日]

標準言語性対連合学習検査 Standard verbal paired-associate learning test(S-PA)
診療報酬:280点
編集:
著者:
日本高次脳機能障害学会
日本高次脳機能障害学会
Brain Function Test委員会
新記憶検査作製小委員会

本検査法の作製にあたっては、約800名の健常者と約100名の脳損傷・神経疾患患者を対象として約5年間の検討が行われました。幅広い年齢層における単語の親密度値や心象性値が十分に考慮された現代にマッチした単語で構成され、年齢群別の評価点の判定資料を備えています。言語性記憶の把握、また、記憶障害が疑われる場合のスクリーニング検査としても使用できます。

【検査項目】

1.有関係対語試験
2.無関係対語試験

◆定価(本体4,500円+税)


【セット内容】
標準言語性対連合学習検査マニュアル(A4判,72頁)
標準言語性対連合学習検査スコアリングシート・
検査用紙3種(セットA・B・C)(各5部)
*別売 スコアリングシート・検査用紙3種(セットA・B・C)各20部 定価(本体4,000円+税)
【出版経過:標準言語性対連合学習検査(S-PA)】
「第1版」 編集:日本高次脳機能障害学会
著者: 日本高次脳機能障害学会
Brain Function Test委員会
新記憶検査作製小委員会
発行:(株)新興医学出版社[2014年12月10日]

【発売元】
〒113-0033東京都文京区本郷6-26-8
TEL:03-3816-2853
FAX:03-3816-2895